MENU
Blog

お悩みの症状

肩こり首こりの原因【デスクワーク】

2021/12/10

デスクワークの方の肩こりや首こりで悩まれている方がここ最近急増している印象を受けます(お客様の声から)

なぜ肩こりや首こりを感じてしまうのか?

お伝えしていこうと思います。

 

結論

①骨盤が後ろに倒れるから

②肩が前にねじれるから(巻き肩、猫背)

以上の2点から

肩、首周辺の痛みやおもだるさ、違和感につながりやすくなると考えています。

細かく見ていきましょう!

①骨盤が後ろに倒れるから

いわゆる良いとされている

座る姿勢ができていないと

骨盤が後ろに倒れた状態でデスクワークを行う事になります。

骨盤が後ろに倒れる動きに連動して

腰骨も後ろに丸くなり

肩甲骨の位置にある背骨も後ろに丸くなります。

結果的に肩甲骨が外側(上側にも)に広がり

巻き肩や猫背姿勢になり

肩、首周辺の筋肉が硬くなり

肩、首周辺の痛みやおもだるさ、違和感につながりやすくなります。

②肩が前にねじれるから(巻き肩、猫背)

デスクワークの際基本的にキーボードを使用し作業されると思います。

そうなるとどうしても

腕が体に対して前に位置します。

また、キーボードでタイピングをするとなると掌を下に向けてタイピングすると思います。

そのため、腕全体が前にあるため

その腕の動きに連動して

肩、肩甲骨も体に対して前に位置しやすくなり肩周りの筋肉が固まりやすい状態になり

肩、首周辺の痛みやおもだるさ、違和感につながりやすくなります。

以上の2点から

デスクワークの方はどうしても

肩こりや首こりを感じやすい「環境」にあると考えています。

改善策は?

デスクワークをやめる

理論上はそれが1番いいと考えます。

ただ、現実的では無いと思います。

 

そのため、

①デスクワークをする上で肩こりや首こりになりやすい環境なんだと

まずは認知する事。

その上で、肩こりや首こりになりにくいようにするために

②筋肉のストレッチ又はマッサージ、筋肉のトレーニング等のセルフケアを行う

 

この2点が重要だと考えています。

 

中々ボリュームある内容だったと思いますが今日はこの辺で!

営業時間:09:00~23:00迄